駐在員へらじかのアメリカ生活、子育て、マイルと仮想通貨

妻と2人の子供と2015-2018年にアメリカ駐在していた30代前半サラリーマンの記録。 物価が高い先進国での金銭事情、子育てと英語教育、旅行費節約のため2年で80万マイル獲得したノウハウなどを在米の皆さんに活用してもらえれば幸い。

50枚比較したアメリカ駐在員が実際に持つ10枚のクレジットカード

f:id:MooseFukui:20171031182309p:plain

駐在員へらじかです。

2015年にアメリカに赴任してから3年間でアメリカのクレジットカード約50枚を比較検討してきました。その中から厳選し実際に作った10枚のカードを列挙します。合計80万という高額マイル/ポイントをもらったカードなので、選定の参考になれば幸いです。

クレジットカードを作るチャンスは3ヶ月に1回

これまで50種類以上のカードを比較しながら実際に10種類しか持っていない理由は、カード作成の審査に関係があります。

クレジットカード会社が信用調査のために個人の信用情報(クレジットヒストリー)を参照すると、その記録は90日間レコードされるという説があります。

つまり、3ヶ月以内に複数のカードを申し込むと、悪く言えば多重債務者と認識され、カードの申込みを拒否される場合があるということです。

実際にへらじかも審査に落ちたことがあり、その理由は「短期間に多くのカードを申し込んだから」だというレターが届きました。

つまりクレジットカードを作るチャンスは90日おき=3ヶ月毎だということ。いくらでも作れるわけではないので、情報集めには慎重になります。

また駐在員という立場上、任期を終えたら日本に帰国しなくてはなりません。そのタイムリミットも考えると個人が作れる枚数は限られ、カード選びにも気合が入ります。

今回ご紹介するのはその過程を経て選ばれた10枚の厳選カードなので、いずれも自信を持っておすすめできます。

へらじかのクレカ選びの基本方針

完璧な方針を定めて始めたわけではありませんが、いま振り返るとこのような共通点がありました。この考え方に共感できる方には特に役立つかと思います。

・初年度年会費無料 (2年目以降の年会費は電話交渉)

→特に自分のように多数のカードを作る場合、年会費がかさむと負担が大きい。

・金額換算で500ドル以上のボーナスがもらえること

→毎回のお買い物で○%OFF、というカードは一見お得ですが、計算すると年のリターンは500ドル以下という場合も。

選定基準については次の記事でもまとめています。

へらじかが持っている10枚のクレジットカード一挙紹介

以下はへらじかが確認した2018年3月27日時点の情報です。年会費もボーナスもポイント還元率も予告無く変更される場合があるので、申込みの際には必ずリンク先の情報を確認してください。

今回はへらじかの手元にある全カードの一覧紹介が主目的なので、紹介文は簡潔にメリットを3点までとします。各カードの詳細はリンク先のオフィシャルサイトをご覧ください。

以下に掲載した紹介リンクを使用された方がクレジットカードに申込み承認されると、へらじかが紹介ボーナスとしてマイル・ポイントを獲得する場合があります。

■Starwood Preferred Guest Card (へらじか夫婦1枚ずつ所有)

・最初の1枚を決めかねているので、作りやすいおすすめカードが知りたい

・ANAのマイルを貯めている

・75,000ポイントもらってフロリダのディズニーワールドで無料宿泊したい

  (75,000ポイントの入会ボーナスには、最初の3ヶ月で3,000ドル使用が条件)

 

■Premier Rewards Gold Card

・レストランでの食事で4倍ポイントがほしい

・スーパーマーケットでの買い物でも4倍ポイントがほしい (年間25,000ドルまで) 

・ANAのマイルを貯めている (AmexポイントはANAのマイルに1:1で交換可能)

・年会費は250ドル。 

・用途は確定していないが25,000マイル欲しい

2019年1月9日までの期間限定で50,000マイルにアップ中 (最初の3ヶ月で2,000ドル使用が条件)

 

 

■Hilton Honors Card (へらじか夫婦1枚ずつ所有)

・ずっと年会費無料のカードが良い

・子連れで旅行したい

・ボーナスの65,000ポイントをもらってヒルトン系列ホテルにタダで1-2泊したい

→2018年10月現在、過去最高の100,000ポイントにアップ中。最初の3ヶ月で1,000ドル使用と、達成条件も簡単なのでマイル/ポイント初心者にぴったり。

 

■Gold Delta SkyMiles Credit Card

→申込みはAmexのサイトから

・失効しない無期限のデルタ航空のマイルを貯めて旅行したい

・デルタ航空のハブ空港近くに住んでいる (アトランタ、ボストン、シンシナティ、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス、シアトル等)

2018年10月現在、入会ボーナスが過去最大の60,000マイル (最初の4ヶ月で3,000ドル使用が条件) 

   →詳細は「デルタ航空のクレジットカードで60,000マイルを貯めた話」へ。

 

■Gold Delta SkyMiles Business Credit Card

・上に書いたデルタ航空のクレジットカードのビジネス版。個人でも作成可能。

2018年10月現在、入会ボーナスが過去最大の60,000マイル (最初の3ヶ月で3,000ドル使用が条件) 

・個人用カードとビジネス用カードを両方作ると大量のマイル獲得が可能。

   →詳細は「デルタ航空ビジネスクレジットカードで19万マイルもらう方法まとめ

 

Business Gold Rewards Card

・航空券、ガソリン、ソフトウェアやハードウェアの支出が多い (3%還元対象)

・ANAのマイルを貯めている (AmexポイントはANAのマイルに1:1で交換可能)

・年会費は175ドル。 

・用途は確定していないが50,000マイル欲しい

  →個人でもビジネスカードは作成可能。個人向けカードとダブルでポイントをもらうことも可能。

 

■IHG Rewards Club Select Credit Card

f:id:MooseFukui:20181009220121p:plain

→申込みはChaseのサイトから

・年会費$89、2年目以降IHG系列ホテル1泊無料特典

・通常ボーナス6万、多いときは8万ポイント (2018年10月現在8万ポイント)

 ・MasterカードなのでAMEXが使えないお店でも使える

■Citi / AAdvantage Platinum Select World Elite (へらじか夫婦1枚ずつ所有)

https://secure.fly.aa.com/citi/ccpage-plat

・アメリカン航空のハブ空港近くに住んでいる (シャーロット、シカゴ、ダラス、ロサンゼルス、マイアミ、フィラデルフィア、フェニックス、ワシントン等)

・2017年10月現在、入会ボーナスが過去最大の60,000マイル

・MasterカードなのでAMEXが使えないお店でも使える

■United MileagePlus Explorer Card (解約済み)

Chase United MileagePlus: Error

・ユナイテッド航空のハブ空港近くに住んでいる (シカゴ、デンバー、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューアーク、サンフランシスコ等)

・VISAカードなのでAMEXが使えないお店でも使える

■CHASE SAPPHIRE PREFERRED (解約済み)

Chase Sapphire Preferred Credit Card | Chase.com

・ボーナス50,000ポイントを旅行に使うと1.25倍の価値 ($625相当=ホテル2-3泊分)

・VISAカードなのでAMEXが使えないお店でも使える

ANA USA Card (解約済み)

http://www.anacardusa.com/

・アメリカでの信用情報 (クレジットヒストリー) が無くても作れるカードの1つ

・海外赴任前から申込み可能

・VISAカードなのでAMEXが使えないお店でも使える

 

アメリカに来たばかりの方、もしくは来年から赴任予定で何から始めていいかわからないという方は次の記事をご覧ください。2015年に赴任した自分の経験をまとめています。

また、上記で紹介したとおりいくつかのカードは夫婦それぞれが保有しています。これによりマイル獲得効率が2倍以上になるため、次の記事でその理由をご紹介。

へらじかが実際に獲得したマイルで行った家族旅行、グランドキャニオンやモニュメントバレーの記録です。マイルを使った旅行のイメージがつかめるかと思います。

Twitterのフォローはこちらから @moose_fukui