駐在員へらじかのアメリカ生活、子育て、マイルと仮想通貨

妻と2人の子供と2015-2018年にアメリカ駐在していた30代前半サラリーマンの記録。 物価が高い先進国での金銭事情、子育てと英語教育、旅行費節約のため2年で80万マイル獲得したノウハウなどを在米の皆さんに活用してもらえれば幸い。

在米駐在員が車でカナダ旅行 ナイアガラの滝&トロント観光

駐在員へらじかです。

9月4日、Labor Dayの祝日にカナダ旅行をしてきました。陸路でアメリカからカナダへ入国して、ナイアガラの滝観光、そしてトロント市内観光の2泊3日です。

旅行レポートとともに、クレジットカードでもらったホテルポイントを使って約9万円を節約しシェラトン系列最高クラス、St. REGISに宿泊した感想をお届けします。

夏のナイアガラの滝は聞きしに勝る水量と迫力。アメリカ側ではなくカナダ側から見たのですが、眺めは最高で3歳の娘が予想外に楽しんでくれました。

ナビの目的地はHorseshoe Fallsというのを目印にすると良いです。駐車場は滝のすぐ近くにいくつかあって、一番近いAロットが一日22カナダドル。良いデザインの観光ガイド本がもらえます。

トロントは想像以上の大都市。タワーマンションや商業ビルだらけで、最近田舎暮らしになれたへらじかにはとても新鮮。2日間町歩きを楽しみました。

トロント市内の朝食、昼食にお勧めのお店 

朝はNEO Coffee Barで朝食。サクサクのクロワッサンとちょうど良い甘さのロールケーキがお勧め。近所にあったらリピート確実。店内は小ざっぱりとしゃれた雰囲気。

NEO COFFEE BAR

f:id:MooseFukui:20170911121422j:plain

 

お昼はカウンター形式のシーフード料理。カジュアルな雰囲気で子連れでも問題なし。子供用のお皿やフォークも快くくれました。タコがおいしかった。

http://marketstreetcatch.com/

f:id:MooseFukui:20170906033521j:plain

 

トロント市内のホテルはSt. REGISに無料宿泊

そして宿泊先は、2017年7月にリニューアルしたばかりのアデレードホテルトロント。シェラトンで有名なSPGグループの最上級ブランド、St REGISの経営です。元々トランプさんが経営してたのが最近破綻して、SPGが買い取ったよう。

1泊500カナダドル(約45,000円)ですが、SPGのクレジットカードのポイントを使って2泊しました。払ったのは7ドルのTAXと駐車場代のみ。つまりは9万円を節約できました。一介のサラリーマンのポケットマネーで9万円はとても払えないけれど、ポイント稼ぎが趣味で良かったと心から思える瞬間です。

接客対応は過去最高。全海外旅行中最高のホスピタリティでした。マンハッタンの某高級ホテルでの冷たい対応とはえらい違い。

客室はクイーンベッド2台のスーペリア。小児用ベッド無料貸し出し対応有、バスタブ付きなので赤ちゃん連れにも安心。リフォーム済みで、綺麗好きの奥さんも大満足でした。

The Adelaide Hotel, Toronto

Starwood Hotels & Resorts

f:id:MooseFukui:20170906034317j:plain

 

アメリカ駐在員の懐事情 旅行費節約はクレジットカードボーナスで

駐在員は旅行がたくさんできていいなあ、と思われるかもしれません。

事実、日本にいた頃よりもフットワーク軽く様々な場所へ旅行ができています。子供が小さいながらも工夫してちょこちょこ出かけています。

旅行が多くなる背景には色々な理由があると思います。ざっと考え付くだけでも

・連休を自分でコントロールしやすい

→日本のGW、お盆のような連休がアメリカ少ないので有給を使う必要があるが、文化的に有給が取りづらい雰囲気は無い。

・近所に娯楽が少ない

→大都市圏にでも住んでいない限り、娯楽は少なめ。旅行しないと息がつまります(主に奥さんの)。

・任期があるので踏ん切りがつきやすい

→へらじかはまだ富士山にも、沖縄にも行ったことがありません。スカイツリーにものぼったことがないのは、その気になればいつでも行けるからでしょう。駐在期間は限られているので、今しかチャンスは無い!という意識が強くなります。

 

そして、駐在員はお金持ってるから旅行がたくさんできる、というのは迷信です。少なくともへらじかのようなメーカー勤務では。

旅行にかけるお金をセーブしつつ、非日常の体験をいかに味わうか。子連れでも余裕のある旅行のためにかけるところと削るところの按配をどうするか。

考えの結果、たどり着いたのがクレジットカードの入会ボーナスでマイルやポイントを稼いでホテルや航空券を無料化することでした。やり方さえ覚えれば誰でも真似できるのが一番の利点。へらじかはこれまで2年間で60万マイル/ポイントを稼ぎました。

ネット上にはクレジットカードのボーナス以外にも、おいしいネタはたくさん転がってます。けれど中には怪しい投資や情報商材もあるし、これらを利用して稼いで旅行するまでには道のりが長いし、リスクもあります。

その点クレジットカードのボーナスは思い立って数ヵ月後には自分のアカウントに入っているのでリードタイムは短め。マイルやホテルのポイントなのである程度用途が限られるものの、旅行における実効性は高いというのが経験則です。

 

SPGクレジットカード、正式名はStarwood Preferred Guest Credit Card from American Expressと言って、頭文字をとってSPGです。初年度年会費は無料、2年目から$95です。

 

へらじかが作ったアメリカのクレジットカード一覧

SPGのほかにも10枚以上を作成し、ボーナスでもらったマイルやポイントで賢く旅行しています。今回のように車移動の場合は移動費がかからないので、ホテルをポイントで賄えればとてもお得に快適な旅行ができます。

これまでに作ったカード一覧は別記事にまとめたので、これから検討される方の参考になれば幸いです。