駐在員へらじかのアメリカ生活、子育て、マイルと仮想通貨

妻と2人の子供と2015-2018年にアメリカ駐在していた30代前半サラリーマンの記録。 物価が高い先進国での金銭事情、子育てと英語教育、旅行費節約のため2年で80万マイル獲得したノウハウなどを在米の皆さんに活用してもらえれば幸い。

アメリカのクレジットカードを1日に複数枚申し込むための3つの知識

f:id:MooseFukui:20171108225449p:plain

駐在員へらじかです。
アメリカのクレジットカードは日本とは比べ物にならないほど入会ボーナスが高く、1枚あたり5-6万マイルがもらえます。このボーナス欲しさに短期間に多数の申し込みを行うと通常はカード会社の審査に通りません。例外のテクニックとして、1日に複数枚申し込むための3つの知識を紹介します。

基礎知識 カード発行母体を知る

アメリカのクレジットカード発行母体で有名なのはAmex (アメリカンエクスプレス), Citi (シティ銀行), Chase (チェイス銀行)の3つです。
航空会社やホテルのブランドを冠したクレジットカードであっても、背景にはこの3つのいずれかがある場合がほとんど。
例) デルタ航空はAmex, ユナイテッド航空はChase, アメリカン航空はCiti
これらのクレジットカードに申し込みをすると、ブランドである航空会社ではなく発行母体のAmex, Citi, Chaseなどのカード会社が審査を行います。
発行母体は券面に書いてあったりカードの名前に入っていたりするので、慣れれば見分けるのは簡単です。ブランド名と発行元の区別をつけるのが第一歩。
 

発行元が異なるカードは1日に複数枚申し込み可能

上で挙げた例の、アメリカ大手航空会社3社のクレジットカードは原則1日に3枚同時に申し込みが可能です。理由は、発行元が異なるため。
もし発行元が同じだと、短期間に多数の申し込みを行なったという理由で2枚目、3枚目が却下される可能性が高まります。
例) Gold DeltaアメックスとHilton HonorsはどちらもAmex発行なので同時申し込み不可
参考までに、へらじかは先日AmexとCitiのカードを同日に申し込んでどちらも無事に承認されました。
 

申し込みを1日に集中すべき理由

今日ユナイテッド、明日アメリカン、明後日デルタのクレジットカードに申し込むことは可能です。発行元が違うので、お互いに干渉し合いません。
それなのに「1日に複数枚」と繰り返し書いてきたの理由は、クレジットスコアへの影響を最小限にするためです。

カード会社は審査の際に申し込み者のクレジットスコアをチェックします。このチェックが行われると若干、クレジットスコアが減少します。

減少幅はその人のクレジットヒストリーにより異なるので一概には言えませんが、ざっくり言って10-25ほど。特に渡米から日が浅い新規赴任者ほど、ヒストリーが短いために大きくスコアが下がる傾向にあります。

このスコア減少を避けるためのテクニックが、1日のうちに複数枚を申し込むこと。1日のうちに何度チェックされてもスコア減少幅は1回分で済みます

つまりスコア700の人が1日に3枚を申し込むと675-690に下がる程度で済みますが、1枚ずつ3日間申し込みをすると650以下になる可能性も。

そうなると3日目に作るカードはスコア不足で審査が通らない可能性があります。また700に戻すためには半年ほどの時間を要するかもしれず、長い目で見て得とはいえません。
スコアの計算には別の要素もあるため上記はあくまでわかりやすくした例ですが、申し込む日は1日のうちに固めた方が無難です。
 

まとめ

アメリカで1日に複数枚のクレジットカードを作るための知識とテクニックを紹介しましたが、4枚も5枚も作ってしまうと今度は最低使用金額の達成が難しくなります。
ボーナスマイル欲しさにムダな支出をして最低使用金額を満たしても本末転倒なので、このテクニックのご利用は計画的に。
また2017年11月時点の情報なので、今後変わる可能性があることもご理解ください。特典やテクニックは規制が入る前、使えるうちに使うのがアメリカで賢く生きるための鉄則です。
1人で複数枚のカードを申し込むのもいいですが、旦那さん・奥さんと2人でそれぞれが申し込むと効率的にマイルを増やせます。その理由は次の記事で。

申し込むカードを選ぶ際にへらじかが重視している3つのポイントは年会費、ボーナスマイルの多さ、買い物での還元率です。詳しくは次の記事でご紹介。