駐在員へらじかのアメリカ生活、子育て、マイルと仮想通貨

妻と2人の子供と2015-2018年にアメリカ駐在していた30代前半サラリーマンの記録。 物価が高い先進国での金銭事情、子育てと英語教育、旅行費節約のため2年で80万マイル獲得したノウハウなどを在米の皆さんに活用してもらえれば幸い。

アメリカでのビットコイン等仮想通貨運用 4ヶ月間の成績は+236.27%

f:id:MooseFukui:20171212204326p:plain

駐在員へらじか (@moose_fukui) です。

8月から開始した仮想通貨投資は4ヶ月間で+236.27%と驚異的な成績を出しています。

昨日書いた「アメリカのロボアドWealthfront、運用開始1.5ヶ月の成績は+1.63%」の記事と比較しながら、在米もしくは海外在住の方でこれからビットコインをはじめとする仮想通貨取引を始める方への参考として、成績を記録します。

 

運用成績は+236.27% (7,767ドル)

今年2017年の8月上旬から積立投資を行い、元本5,700ドルに対し7,767ドルの含み益となっています。

ポートフォリオはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC) の3種のみに絞っています。

初回の買い付けは0.05678BTCを200ドル分。当事は1BTC=3,200ドルと今の約5分の1でした。

その後ドルコスト平均法で買い増しし、現在は眺めるだけの段階に入っています。

f:id:MooseFukui:20171212200215p:plain

元々ETHに比重を置いていたのですが、BTCの値上がりが大きかったのでドル換算額ではBTCが6割、ETHが3割、LTCが1割というバランスになっています。

 

やったことは即座の市場参入のみ

ロボアドバイザー投資もそうでしたが、ビットコインについてもベースの知識としてブロックチェーン技術の原則を調べた後即座に少額から投資を始めました。

取引所のPoloniex、ウォレット兼販売所のCoinbaseに登録し、いまのところCoinbaseのみを使っています。

ビットコインだけでもリスクは大なので、マイナーな通貨には手を広げず、またFXにも手を出さず現物取引のみ。それでも元本が2倍以上にできているので、振り返ると市場参入のタイミングだけがファクターだったと思えます。

8月当時でさえ遅いといわれていましたが、早いか遅いかは身銭を切って始めてみなければわかりません。

リスクがある以上100%の信頼を持っておすすめすることはできない

昨日のロボアドの記事では、ロボアドは米株初心者にお勧めだと結びました。ロボアドの使い勝手が良いことはもちろん、背景には過去の米国市場の成長実績と、今後の明るい米市場展望があります。

では仮想通貨はどうかと言われると、価格変動の大きさや市場の不安定性、規制などなど、リスクを上げればキリがありません。情報収集しようにも、デマや噂レベルの情報も多いです。

もちろんそれ以上にブロックチェーン技術そのものに対する大きな将来性があるのでへらじかは投資に踏み切ったわけですが、ビットコインそのもの、イーサリアムそのものの価格が上昇し続けるかどうかは保証できません。

 

もし仮想通貨を始めるならCoinbaseがおすすめ

投資はあくまで自己判断という前提で、余剰資金を運用するのに手軽に始めてみたいからどの販売所・取引所がいいか知りたい、という方には米国最大手のCoinbaseをお勧めします。

数あるリスクの中でも、詐欺サイトに引っかかってしまうというのは最もお粗末な結果の一つ。手数料が安いからといって新興の小規模なサイトを使うのは危険と考えた結果、無難に最大手のところを選びました。

セキュリティ面でも2段階認証 (2FA=2 Factor Authentication) が徹底されていて安心。

f:id:MooseFukui:20171212202613p:plain

ログイン時や売買時に2段階認証を求める設定が可能。Google Authenticatorを使う。

新規登録はCoinbaseのサイトから。左記リンクから登録しビットコインの購入をすると、10ドル分のビットコインが付与されます。

 

Poloniexにもアカウントは持っているのですが、初心者向けではないと感じました。使用方法のチュートリアルが無い上に画面が複雑ですし、何より銀行口座からPoloniexに投資の元金を入金することができません

あらかじめビットコインを保有している人であればPoloniexに送金し、ビットコインを元金に多種類の通貨を購入できるのですが初心者はそうは行きません。取引にある程度慣れた方向けだろうと思われます。

 

まとめ:仮想通貨は継続、米国での税務を明らかにする

上記のとおり、良い材料とリスクとが入り混じっているので判断が難しいのですが、現時点ではまだ売却せず、3通貨ともホールド予定です。

また、自分の資産の中での仮想通貨の割合を増やすこともギャンブルになってしまうので、元本の増資はしないつもり。口座においている1,700ドルは、暴落時に使うかもしれません。

その際にどの通貨を買うかですが、この通貨が上がる下がるという手の話は予測の域を出ないので控えます。

並行して、アメリカの税金周りを明らかにしたいと思っています。日本は税務についての公式発表がありましたが、自分の場合には米国のルールと同時に、駐在員としての会社での年末調整作業にも影響します。

申告漏れの無いよう、注意していきます。

----------

同日、夜に追記。

朝記事をアップした直後にETHとLTCが急騰。半日で含み益が約1,700ドル増加しました。

元本5,700ドルに対し9,745ドルの含み益、+266%です。改めて、異常な市場です。

 

次の記事はCoinbaseの使い方について。これから始める方への参考になれば幸いです。

 

また、8月当事に米国株より先に仮想通貨を始めた経緯についての記事はこちら。